会社情報

トップメッセージ

オンリーワンの技術力と大学を超える研究力
新規医薬品の効率的な開発に貢献します。

株式会社浜松ファーマリサーチ
代表取締役 髙松 宏幸

医学博士
理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター客員研究員

浜松ファーマリサーチは、2005年に浜松医科大学の大学発ベンチャー企業として設立した非臨床の薬効薬理試験の受託研究機関です。
近年、新規医薬品開発における非臨床試験と臨床試験の有効性の乖離が問題視され、その橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ)の重要性が高まっています。
私は、かつて製薬企業の研究員として新薬開発に従事し、その効率化を追求する中で、まさに同じ問題意識を持つに至り、臨床予測性の高い病態モデルの必要性を痛感していました。

そして、世界でも稀な「ヒトに近い動物種に、ヒトと同様の検査法を用いた、新規医薬品候補物質の有効性の検証」こそがその解答のひとつであると確信し、当社を設立、霊長類であるサルを用い、MRIやCT等の先端的な画像診断技術を駆使した評価系の構築の取り組みをスタートしました。

霊長類を用いた薬効薬理試験を実施可能な研究機関はきわめて少なく、いかに臨床に近い病態モデルの開発ができるかが大きなポイントとなります。

当社は、これまでの研究活動で培った霊長類のハンドリング技術に長けた薬理研究者が、最先端のイメージング技術を持つ浜松医科大学・薬理学教室で開発されたPhotochemical Induced Thrombosis(PIT)法を基幹技術として様々な血栓モデルや脳梗塞モデルを開発し、更なる新規病態モデル開発のために、競争力の高い研究活動を精力的に展開しています。

今後は日本発・オンリーワンの創薬支援会社として、高精度な薬効薬理試験を通じた製薬プロセスの効率化に貢献するとともに、これまで築いてきた信頼性の高い病態モデルと業界でのトップブランドを堅持し、新規病態モデルの研究開発を加速させ、世界の製薬企業から選ばれる薬効薬理試験受託研究機関を目指してまいります。

株式会社浜松ファーマリサーチ
代表取締役 髙松 宏幸

プロフィール

1965年大阪市生まれ。
広島大学医学部総合薬学科卒業後、藤沢薬品工業株式会社に就職し、新規医薬品開発に従事。
在職中、浜松医科大学研究生、(財) 先端医学薬学研究センター副主任研究員、金沢大学大学院医学系研究科協力研究員などを兼任。
2005年に在職企業合併を機に起業を決意。
2005年11月に浜松医科大学発ベンチャー企業として、浜松ファーマリサーチ設立。
理化学研究所客員研究員、日本薬理学会学術評議員。

企業理念

当社の基本理念

生命への尊厳と人としての倫理を大切にし、常にチャレンジし続ける。

使命

ライフサイエンスの探究により、人類の幸福に貢献する

行動規範

若さと夢見る心を持ち続けること
知識に対する憧れと探究心を持ち続けること
適時・適切に、質の高い仕事を提供すること
常に「改善」を意識し、一歩先を見据えて取り組むこと
高い技術と信頼性に裏打ちされた実証研究を積み重ねること
寛容な心をもち謙虚に常に学ぶ姿勢を持ち続けること
会社が社会の公器であることを常に意識すること
動物福祉の基本概念を遵守し、AAALAC対応の動物管理を行うこと

会社概要

会社名株式会社浜松ファーマリサーチ
資本金7,150万円
設立年月日2005年11月1日
代表者代表取締役 髙松 宏幸
事業内容主に医薬品の試験の実施
子会社 Hamamatsu Pharma Research U.S.A., Inc.
所在地

本社・中央研究所

〒431-2103
静岡県浜松市北区新都田1-3-7地図周辺案内図
<お問い合わせ先>
TEL:053-543-4543/FAX:053-543-6444

Primate Center

〒431-2103
静岡県浜松市北区新都田1-4-9-1地図
TEL:053-543-9770/FAX:053-543-9771

Hamamatsu Pharma Research U.S.A., Inc.

4660 LA JOLLA VILLAGE DR. #500, SAN DIEGO, CA 92122地図
TEL:+1-858-535-4819

沿革

2005年11月株式会社浜松ファーマリサーチ設立
浜松研究所を設置(2008年閉鎖)
中伊豆研究所(サル実験施設)を設置(2010年閉鎖)
2008年10月中伊豆事業所(小動物実験施設)を設立(2010年閉鎖)
2010年3月本社ビルを設置(浜松市新都田にて)
2010年10月中央研究所を設立
2013年4月中央研究所附属Primate Center稼動
2016年3月 子会社 Hamamatsu Pharma Research U.S.A., Inc.を設立

AAALAC完全認証

世界基準であるAAALACの完全認証を取得し、責任ある動物管理・使用を行っています。

浜松ファーマリサーチは、世界でOnly Oneの創薬支援会社として、非臨床試験の精度向上に貢献すべく、非ヒト霊長類(NHP)を用いた病態モデル開発・作製、試験を行っています。国際実験動物管理評価認定協会 (AAALAC International) の完全認証を取得し、厳格な世界基準のもと、責任ある動物管理・使用を継続してまいります。

実験動物の人道的取扱いを遵守し、適正な実験を行っています。

当社は独自の技術により非ヒト霊長類(NHP)を用いた非臨床試験を推進。当社では試験にヒトに近いサルを用いることで創薬プロセス全体の効率化を図り、人類の健康に貢献すると同時に動物の人道的な取扱いを推進する国際実験動物管理評価認定協会 (AAALAC International)の国際的な基準の遵守を継続的に実証することで、適格な動物のケア及び適正な実験を実施してまいります。

当社では、下記法令や指針に基づいて自社で策定した「動物実験規定」を遵守し、また、動物実験の原則である3Rに、Responsibility(実験者の責任)を加えた『4R』に配慮して、適正な動物実験を実施しています。

関連法令・指針等

「動物の愛護及び管理に関する法律」 (昭和48年法律第105号)
「特定外来生物による生態系等に係わる被害の防止に関する法律」 (平成16年法律第78号)
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第54条第1号の輸入禁止地域等を定める省令」(平成11年厚生省・農林水産省令第2号)
「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」 (平成18年環境省告示第88号)
「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」(平成18年厚生労働省通知)
「動物の処分方法に関する指針」 (平成7年総理府告示第40号)
「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」 (平成18年日本学術会議策定)
「実験動物の管理と使用に関する指針 第8版」(2011年米国科学アカデミー)

4R
Replacement:代替法の利用

科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用する。

Reduction:使用数の削減

科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること等により、実験動物を適切に利用することに配慮する。

Refinement:苦痛の軽減

科学上の利用に必要な限度において、できる限り動物に苦痛を与えない方法を選択する。

Responsibility:実験者の責任

科学上の利用の目的を遂行するため、実験の必要性及び予見性が充分に説明され、実験の意義が認められなければならない。

  1. 財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の認証取得(2012.9.28)
  2. 動物実験規定
  3. 自己点検チェック項目
    2016年12月1日自己点検実施。適正に実施されていることを確認しました。

ヒトと同じ検査方法が可能な「カニクイザル」を用いた非臨床試験で人類の健康に貢献します。

カニクイザルは東南アジアに広く生息するオナガザル科マカク属に分類されるサルで、生理学的・解剖学的にヒトに類似した霊長類であり、MRI、CT、PETを用いてヒトと同じ検査方法が可能です。また、タンパク質の構造においてもヒトと類似しており、抗体医薬の開発に適しています。
当社では上記の特徴から、カニクイザルによる非臨床試験が創薬プロセスの効率化を通じて人類の健康に貢献することを確信し、事業の中核として取り組んできました。当社では霊長類のハンドリング技術に優れた薬理研究者により、世界基準の管理を実現しています。